心の体調 | 早期に医師から診断を受けて、改善していこう

心の体調

知っておくと良い情報

現在ではうつ病やパニック障害などストレスが原因となる心の病気にかかる人が増えています。 うつ病の代表的な症状としては、睡眠障害や意欲の低下、気分の落ち込みなどがあげられますが、人は生活している中では誰でも悩みがあったり失敗した時は落ち込むものです。 そのため、気分が落ち込んだり眠れないことが病気からくるものなのか、そうじゃないのかを判断することが自分では難しいこともあります。 最近ではインターネットなどでもうつ病に関する情報やチェック表などが簡単に入手できるので、現在の体や心の不調をチェックするのに役立ちます。もしもチェック表に該当する項目が多い場合は、専門の医療機関を早めに受診することが望まれます。

工夫することで得られるメリット

うつ病などには体内のセロトニンという物質が大きな鍵を握っていると考えられています。 セロトニンは脳内の他に血液中や腸内などで様々な働きをしていて、脳内のセロトニンは感情をコントロールする役割を果たしています。しかし何らかの理由でセロトニンが不足すると気分が落ち込んだり、逆に些細なことでもキレやすくなるなどの症状が出ると言われています。 現在うつ病の治療に使用されている抗うつ薬には、このセロトニンを取り入れる作用があるものなどもありますが、セロトニンは薬以外でも日光を浴びたり、規則正しい生活を送ることで増やすことができます。 最近元気が出ないと感じている人はセロトニン不足かも知れないので、一日にどの程度日光を浴びているかチェックしてみるのも良いかもしれません。